更新日:更新日:2019年05月13日
夢の図書館 > ご支援のお願い

ご支援のお願い

「夢の図書館」未来へ向けた運営のために ご支援をお願いいたします。

「夢の図書館」は、技術雑誌と共に人生を過ごした代表者の吉崎 武が、貴重な技術雑誌を集め、次の世代に伝えるために創設しました。「夢の図書館」の趣旨に賛同される多くの方から応援・ご支援をいただき、この夢のプロジェクトはスタートしました。

【クラウドファンディングサイト READYFOR? の「夢の図書館」ページ】

クラウドファウンディングサイト「READYFOR?」にて2015年12月14日「夢の図書館」プロジェクトが成立しました。

ご支援募集総額は200万円に対して2015年12月14日の締切時点で3,026,000円のご支援が集まりました。138人からの心温かいご支援に感謝いたします。

当初の目標額を越えて集まったご支援により「マイコン博物館」と「模型とラジオの博物館」も併設できました。

当初の本拠地である、八王子市高尾から、重量物を置ける頑丈な建物を求めて、青梅市東青梅への移転を2017年9月に行いました。

8千冊から2万冊に増えた蔵書の整理と台帳登録、本棚への配架など大変な作業になりましたが、2019年4月に正式オープンできました。

■ 多くの支援者の協力により夢が実現した「夢の図書館」

下のイメージ・イラストは、2015年に本プロジェクトの構想段階で描いた「夢物語」でした。

手元にある山積状態の8千冊の貴重な技術雑誌と、70年代アスキー編集室で使用していた、歴史的な価値があるマイコン機材と、ビンテージ無線機材を、なんとかして本棚に並べて、展示して、私設図書館として広く利用してもらいたいという考えから描いた、夢のまた夢のような案でした。

この夢のプロジェクトを掲げて、多くの方へご支援をお願いしたところ、たくさん方に賛同いただいき、ご支援をいただきました。そして、なんと、ほとんど、夢を描いたイラスト通りの「夢の図書館」をオープンできました。

以下のイメージ・イラストの下に、実際にオープンした「夢の図書館」、「マイコン博物館」、「模型とラジオの博物館」の写真を並べてみました。是非見比べてください。「夢を実現したいときは、夢の内容を絵に描くと実現する」は本当でした。

image 2015年に本プロジェクトをスタートする時に、夢として描いた完成イメージのイラストです。(部屋の西側)
本棚と読書スペース、「模型とラジオの博物館」の元になる展示スペース、工作体験デスクも描いていました。
image 2015年に本プロジェクトをスタートする時に、夢として描いた完成イメージのイラストです。(部屋の東側)
本棚と読書スペース、「マイコン博物館」と「模型とラジオの博物館」の元になる展示スペース、工作体験デスクを描いていました。

以下の写真は、それから約3年掛かってオープンした「夢の図書館」、「マイコン博物館」、「模型とラジオの博物館」です。
image 上の写真は、実際にオープンした「夢の図書館」の読書室(中央下)と、書庫の本棚(右下)、「マイコン博物館」(上の左右)、「模型とラジオの博物館」の模型展示棚(左下)です。
image 上の写真は、「模型とラジオの博物館」(左)と、「マイコン体験コーナー」(右)です。

いかがでしょうか、夢のまた夢を描いた完成イメージ・イラストに近い「夢の図書館」がここまで出来ました。
これもクラウドファンディングに参加いただいた支援者様のおかげです。

「夢の図書館」の未来へ向けた運営のために 更なるご支援を求めています。

皆様のご支援のおかげで、約3年の準備期間をかけて、「夢の図書館」をオープンすることができました。

オープンすることは目的ではなく、100年分 約2万冊の貴重な技術雑誌と、歴史的に貴重なマイコン機材を活用できるようにして、次の世代につなぐというという事が「夢の図書館」の重要使命です。

この貴重な技術雑誌や、歴史的な機材を次の世代につなぐという重要な使命を遂行するために、更なるご支援をお願いいたします。

クラウドファウンディングサイト「READYFOR?」にて2015年12月14日に成立した「夢の図書館」プロジェクトでは、支援者様の協力により、大型本棚 10本、1/2サイズの中型本棚 11本、その他色々なご支援をいただきました。

その後に、大変ありがたいことに、多くの方から、たくさんの貴重な雑誌の寄贈をいただき、蔵書が2万冊を越えました。

そのため、「夢の図書館」では、大型本棚の導入本数を当初予定の10本から、74本に増やして設置しました。

原状では、この74本の大型本棚でなんとか収蔵している状態です。

そこで、「夢の図書館」の今後の運営を継続するために、「夢の図書館」の趣旨に賛同いただいた方に、ご支援を広くお願いいたします。

永遠不滅の基礎技術を、次の世代に伝えて、育てるために、「夢の図書館」の利用料を、小学生は無料、中学高校生は、1日500円としています。利用者に高額な負担を求めることなく運営し、継続するために、更なるご支援をお願いいたします。


・一番手軽な支援 「夢の図書館」の会員になり支援する。

最も基本的な支援方法は「夢の図書館」の会員になっていただくことです。
遠隔地に住んでいるから利用のため訪問し難い・・・ということはありません。年間3千円という費用で「夢の図書館」活動を応援することができます。会員一人一人の応援で「夢の図書館」は支えられています。
会員であれば貴重な技術雑誌の遠隔コピーサービスを利用することもできます。
年会費 3千円で応援することが出来て、2万冊超の貴重雑誌がマイ本棚になります。
未来に伝える価値がある2万冊超の貴重本がここにあります。
「夢の図書館」会員申し込みページから入会手続きを行い、ご支援をお願いします。

・本棚などの什器備品のスポンサー支援を募集します。

この支援方法は、「夢の図書館」で最初にクラウドファンディングを行ったときと同じで、本棚などの什器備品に対してスポンサーになっていただき、支援者様のお名前入りのスポンサー・プレートを、該当する什器備品に表示するという方法で行わせていただきます。ご支援いただいた資金は、「夢の図書館」の継続的な運営費用に利用させていただきます。

本棚などの什器備品に対してスポンサーになっていただいても、その備品の所有権は発生しませんことを、事前にご承諾願います。

「夢の図書館」の運営は、近い将来に「財団法人」の形に移行して、末永く継続できる組織にする予定です。

ご支援いただいた什器備品も、将来設立する「財団法人」に寄付を行い、所有権と管理を移行しますが、スポンサー・プレートなどは、「夢の図書館」が続く限り、表示を続けます。支援者様の支援の成果も残ります。

左写真は、什器・備品に表記するスポンサー・プレートのサンプルです。

什器・備品の外観や色、形状によりスポンサー・プレートのデザインやカラー、素材は変わります。
スポンサーのお名前は、本名でも、ハンドルネーム、コールサイン、ペンネーム、何でも表示可能です。
メッセージの表示もできます。

「夢の図書館」の什器・備品のスポンサーになることを検討中の支援者様は、「夢の図書館」に在る実物の什器・備品を見て、支援方法をご検討いただくこともできます。ご支援よろしくお願いいたします。

・大型本棚のスポンサー支援

「夢の図書館」にて74本導入した大型本棚です。
本を日焼けや埃から守るために観音開きの扉が付いています。
地震で本が飛び出さないように鍵が付いています。
地震で倒れないように床と天井の柱にガッチリと固定されています。
高さが天井まであり、平置きでA4の雑誌を並べて置けます。
市販の本棚より耐荷重を強化したセミカスタム仕様の本棚です。
開架書庫に20本、閉架書庫に54本の大型本棚を設置しています。

合計74本の大型本棚の内、既に2015年のクラウドファンディングでスポンサーが決まっている、16本を除いた、58本の大型本棚のスポンサーを募集します。

大型本棚1本のスポンサー費用 100,000円

大型本棚の1/2本のスポンサー費用 50,000円

(1/2本の意味は、スポンサーお二人で1本の大型本棚のスポンサーになります。スポンサー・プレートは本棚の右と左に表記します)

大型本棚のスポンサーになっていただける支援者様は「夢の図書館」までメール連絡をお願いいたします。

「夢の図書館」受付メール 

(貴重雑誌を守るため、全て平置きで保管しています)
(扉付きの本棚に収納して、紫外線や埃、地震から守っています)

・カフェスタイルの読書テーブルとイス セットのスポンサー支援

カフェスタイルのテーブルに座り心地の良い椅子を2脚セットにした読書テーブルです。 公立図書館の木製の椅子に比べ長時間の読書でも疲れが少ないです。

読書テーブル1+椅子2のセット  現在 4セット在り

読書テーブル1セット スポンンサー費用 80,000円

読書テーブルセットのスポンサーになっていただける支援者様は「夢の図書館」までメール連絡をお願いいたします。

「夢の図書館」受付メール 

・ソファーセット & 高さ調整テーブル セットのスポンサー支援

PC作業にも、読書にも、ダイニングにも使えるソファーセット。
ソファーの高さが絶妙でマルチに使えます。
テーブルの高さが足踏みペダルで調整できて汎用性が高い。
ソファーの背中にはスマホ充電用プラグが在ります。
写真には写っていませんがオットマン付きです。
「夢の図書館」の中ではリラックス・スペースになります。

1セット在り

ソファー&テーブルセット スポンンサー費用 150,000円

ソファー&テーブルセットのスポンサーになっていただける支援者様は「夢の図書館」までメール連絡をお願いいたします。

「夢の図書館」受付メール 

・「夢の図書館」のブックカフェ風看板のスポンサー支援

ブックカフェ風の存在感がある「夢の図書館」の看板です。
正しく「夢の図書館」の看板になる逸品です。
杉材を利用した木製看板です。オール木製の特注品です。
どっしりとした重量級の看板なので重石無しでも風雨に耐えます。

高さ:100㎝ 横幅:60㎝

1セット在り

ブックカフェ風看板  スポンンサー費用 120,000円

ブックカフェ風看板のスポンサーになっていただける支援者様は「夢の図書館」までメール連絡をお願いいたします。

「夢の図書館」受付メール 

「夢の図書館」には技術歴史遺産と呼べるような貴重な資料があります。

これらを守り次の世代へ伝えるためにも新たなご支援をお願いいたします。

今までご支援をいただいた方も含めて、どうかもう一度お力を貸していただきますようお願いいたします。

2019年5月10日
「夢の図書館」プロジェクト
代表 吉崎 武